Practice

弁護士の職務の中で代表的なものは、民事訴訟の代理と刑事訴訟の弁護ですが、弁護士が取り扱う法律分野には制限はなく、およそ法的紛争の予防、解決、法律関係の鑑定、法的手続に関する事柄であれば、全てその職務の範囲内となります。
そして、いかなる法的問題に対しても、適切に対処し解決することをその職務としています。
以上のような広範な業務分野のうち、当室が伝統的に注力し実績を有する分野として以下の分野があります。